TOP
52.06score

smile

スポンサーKataribe

安心してください。みんな家持てますよ。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


ここ最近、また景気の悪い話が多いですね。世界情勢でみると、中東エリアでの情勢不安。経済でいうと中国の成長減退、米国の景気見通しの不透明感。日本でいうと株安にマイナス金利。今の20代、30代の方たちは将来に明るい希望が持てなくて不安な気持ちになっているのではないでしょうか。結婚、子育て、老後。考えただけで、本当に大丈夫か。。。という気持ちになりますね。今回はそんな将来不安な方に、人生で最も大きな買い物とも言える住宅を持つための方法をお伝えします。こんな時代だからこそ、しっかり計画していきたいですからね。

・まずは頭金を作る
多くの人は家を買う際に、住宅ローンを組むと思います。その際に頭金をいくら貯められるかで返済期間も金額も変わり、購入後の生活に大きな影響をもたらします。今は超低金利の時代なので定期預金などで寝かせておいては増えません。オススメはしっかりと本業で稼いで、その一部を株式投資などリスク投資に使うことです。もちろん、しっかりと株式投資の知識をつけ、短期トレードになど走らず、株式投資の神様「ウォーレンバフェット」のようなバリュー投資を推奨します。本業をおろそかにはできないので、日々は持っておくだけのスタイルが良いでしょう。そうして、自分が望む物件の頭金(販売価格の20%くらいを目安に)を作りましょう。

・住宅ローンは変動?それとも固定?
先にも出てきましたが、住宅ローンの組み方もとても大切です。購入する時期によって柔軟に考えなければなりませんが、まず固定金利か変動金利かを選択します。今のようなじ住宅ローン金利が低い時期に購入する場合は(今後上る見通しなのであれば)長期の固定金利が良いでしょうし、これからさらに下がっていくという見通しであれば(あまり現実的ではありませんが)短期の変動金利にし、下がったと思ったところで長期の固定金利に変更するなど考えられます。実際に住宅ローンを組むと実感しますが、金利の返済金額は想像以上に負担になります。組み方や組む時期によって平気で年間数万円〜数十万円変わってきます。

・まとめ
家を買う、というと人生の一大事のように感じます。そして実際にその通りです。そんな大きな買い物をするチャンスが今訪れようとしています。金利が低く、オリンピックに向けて供給過剰な新築住宅。買い手の私たちはこのチャンスを逃してはいけません。今回以外にも何年かに一度は必ずチャンスは訪れます。頭金をしっかり作り、ローンや金利に対する知識を増やして、準備しましょう。必ず誰にでも家は持てますよ!

.

最終更新日:2016-03-12 20:30

コメント (0)