TOP
57.31score

smile

気付くと白い粉がふく・・・効果抜群☆これだけでOK!冬の乾燥対策

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

気温も下がり、本格的に冬がやってきました。
この時期、空気が乾燥しており、肌の乾燥が気になりますよね。肌の乾燥はシワの元。できるだけ潤いを補給してシワ知らずで見た目もプルプルでいたいですね。

そんな声にお応えして、簡単に安く、そして何より効果が期待できる乾燥対策をご紹介したいと思います。

【乾燥が気になる箇所】
人それぞれ、乾燥がヒドいなーと感じる箇所は異なると思います。やはり多いのは顔ではないでしょうか。顔に関しては(乾燥対策・保湿に絞っても)かなりの数の商品が販売されていますので、ご自分に合ったものを探してみてください(これが永遠の旅だったりもするのですが、、、)。
ここではヒザ下(つまりスネ)の乾燥対策について語りたいと思います。

【ヒザ下乾燥あるある】
帰宅して、靴を脱ぎ、上着をハンガーにかけ、パンツを吊るし、靴下を脱いだ時。
パラパラパラッ。
靴下の内側から白い粉が床に落ちた経験ありませんか。以前の私はほぼ毎日この状態でした。あのケア方法を知るまでは。ヒドい時には靴下だけでは物足りないかのように、ヒザのすぐ下からも粉がふき、パンツの内側にも皮膚がついている有様でした。

【どう対策するか?面倒くさがりさん歓迎!簡単ケア】
ケアは1日2回、夜のお風呂上りと朝出かける前に行ってください。夜だけでも効果はありますが、しっかりと朝晩ケアすると目に見えて効果が違います。
まずお風呂上りに、足の水分の拭き取りをいつもの70%程に抑えます。それから今回の主役、ニベアの青缶を準備します。ニベアの青缶はドラッグストアやコンビニに必ず置いてある、コカコーラ並みにどこでも手に入る強い味方です。
このニベアを指で適量すくい、手の平に伸ばします。初めは硬めのテクスチャですが、手の温かみですぐに柔らかく、伸ばしやすくなります。水分を多めに残したのはニベアを塗る際に、伸びが良くなるように、です。
これだけでバッチリ!簡単ですよね。

ちなみに朝、お出かけ前も同じですが、ニベアを塗る前にさっと化粧水か肌水をヒザ下に振りかけてから、ニベアを伸ばしてください。朝は特に寒いのでニベアが固まっており伸びが悪いのですが、こうしておけば大丈夫。

この簡単なケアだけでオッケー!
費用もニベア青缶は大きいサイズでも500円以内とリーズナブルです。

【まとめ】
いかがでしたか?ヒザ下の乾燥は肌へのダメージが大きいのはもちろん、見た目にもあまり良い感じがするものではありません。
こんな簡単なケアなら、面倒くさがりさんでも続くのではないでしょうか。

周りで乾燥に困っている人などがいたら、是非紹介してみてください。

.

最終更新日:2016-02-01 21:16

コメント (0)