TOP
39.83score

smile

スポンサーKataribe

ニキビができて、相手の視線も気になり悪循環に陥る

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


今はニキビができることも減りましたが、10年前の10代の頃は額や頬にできるニキビに悩まされていました。特に目立つ場所に大きなものができると、自分でも気になってしょうがなく、ついつい手で触れてしまい悪化させることもしばしばでした。辛かったのが
人と顔を近づけてニキビを近くで凝視されるのは耐え難い苦痛だったことをよく覚えています。その度にうつむいたり、手で顔を隠すのが半ば習慣化していました。そのストレスや手の雑菌が付着するなどでさらにニキビが悪化していくという悪循環に陥っていました。
今思うと、もっと堂々として若さの象徴と開き直って過ごせたらとも思いますが、当時は切実な問題で、一生このまま過ごさなければならないのかと思い悩んだことを懐かしく思います。

もし、今ニキビで悩んでいる人がいるならば、そっと「もう少しするとニキビはなくなるから安心して」声をかけてあげたいと思います。その言葉よ本心は、ニキビで塞ぎこむのはもったいないから、楽しい今の時間を大切にしてね、というニキビで悩んだ同志としてのささやかなエールです。

.

最終更新日:2016-06-14 01:40

コメント (0)