TOP
43.95score

smile

スポンサーKataribe

知ってるようで知らない乳酸菌のヒミツ

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


腸内環境や腸内美人という言葉が使われるように、腸の調子を整えることがにわかに注目されています。整腸と聞くと真っ先に浮かぶのが乳酸菌やビフィズス菌などの菌に関することではないでしょうか。ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる菌であることは知っていても、腸の調子を整えると身体にどんな良いことがあり、また疎かにするとどんな不調が考えられるのか知っているようで知らない事柄でもあると思います。菌の中でも乳酸菌は整腸作用にとても大きな効果が期待できます。少し詳しく乳酸菌について学びたいと思います。

・乳酸菌の種類
最近はヨーグルトのパッケージに記載されていることも多いですが、乳酸菌にはたくさんの種類があります。R-1乳酸菌、L22乳酸菌などは目にする機会も増えてきました。

・乳酸菌の効果
乳酸菌による整腸効果による身体へのプラス要因としては、食べ物の消化を助ける、肌トラブルの解消、免疫力アップ、口臭防止、コレステロール値を下げる、老化防止など多種多様な効果が期待できます。

・どの乳酸菌を摂取すると良いの
上述した通り、乳酸菌にはたくさんの種類があります。そしてそれぞれの乳酸菌ごとに期待できる効果も異なります。そのため、結論としてはいろんな種類の乳酸菌を摂取するのが最も効果的だといえます。1種類の乳酸菌を集中して撮るより、いろんな種類の乳酸菌を摂る方が腸には効果的だと研究でも分かってきています。

コンビニやスーパーでもヨーグルトの種類はかなり増えました。昔ながらのもの、味にこだわったもの、産地にこだわったもの、そして乳酸菌の種類にこだわったもの。乳酸菌を摂るのにはヨーグルトが手軽で安価です。できるだけ、朝食べるものと夜食べるもので配合されている乳酸菌の違うヨーグルトを選ぶなどするとより効果が期待できます。乳酸菌の効果は1度では実感しにくいですが、継続していくと何か体調が良くなったとか肌の調子が良いなど、カラダに現れてくると思います。外側だけでなく、内側からの体のケアも積極的に行いましょう。

.

最終更新日:2016-04-09 16:48

コメント (0)