TOP
50.84score

smile

スポンサーKataribe

人生最大のお買い物は信頼できる専門家と一緒に

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


住宅を購入する時には誰に相談しますか?親族、友人、職場の上司、色んな人に相談したいですよね。住宅ローンを組んで購入する人が多いと思いますが、特に専門的な分野ですのでその道のエキスパートに相談することはとても重要です。
かくいう私も10年前に住宅を購入しました。その後に、専門家に相談しておけば良かった、、、と思うことが幾つかありましたのでお伝えしたいと思います。

・適正な購入額
住宅を買う際には住宅販売価格−頭金=残額、その残額を住宅ローンを組んで返済していきます。そこで1つ疑問が湧きます。例えば頭金として300万円使えるとして、今の年収、資産状況でいくらぐらいの住宅を購入すべきで住宅ローンを組むのが適正なのか、ということです。私もそこは分からず、何となく住みたい場所で月々の返済金額を逆算して決めました。この時に専門家に相談できたらどんなに心強かったか分かりません。

・住宅ローンの組み方
住宅ローンを組む際に、銀行各行や住宅金融公庫などから借り入れることが多いと思います。この返済方法でも悩みました。変動金利にするか固定金利にするか、そのハイブリッド型にするのか、返済年数はどうするか、など私の場合は全てインターネットの専門サイトなとで自分で調べました。この分野は結構不安になりました。

・購入後のことを考える
これも購入後に人の話を聞いて気付きましたが、購入した住宅をその後に売ったり貸したりする可能性がある場合に支払いなどはどう考えた方が賢いかは、専門家に聞くべき内容だと感じました。行き当たりばったりではなく、本来購入時に考えておくべきことですよね。

・まとめ
住宅の購入に関することは、額も大きく、また自分の支払い能力などの関係でなかなか友人や職場の人には深い話をしにくいと思います。また大きな買い物なので、中途半端な知識で間違った選択をすると取り返しがつかない場合があります。
この分野こそ専門家の知識と経験を借りるべきところです。信頼できるエキスパートと巡り合うために、早目早目に準備して複数人と話をして、本当の信頼できるパートナーを掴みましょう。

.

最終更新日:2016-05-05 20:46

コメント (0)