TOP
47.08score

smile

どんな人に必要なの?個人年金保険との関わり方

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


個人年金保険に加入している人はどれくらいいるのでしょうか。そもそも、その存在を知っている人や検討したことがある人は結構少数だったりするかもしれません。言葉で聞くと何かと取っ付きにくい印象のある個人年金保険ですが、私は25歳の時に会社で団体として実施している大手生命保険の個人年金保険に加入しました。

なぜ私が加入したかということを順を追ってお話ししたいと思います。

まず、私が勤務する会社はいわゆる美容サービス系の会社でそこそこ名の知れた有名企業の分類に入るところです。ある時、部下の面倒見の良かった当時の上司に個人年金保険の話しをされました。まだ私は20代半ばということもあり、年金と言われてもピンと来ずに何となく説明を聞いていました。

そんな私がなぜその後に加入することを決めたかというと、その上司の一言に尽きます。どんな内容かというと、この会社は今の給料はそこそこかもしれないけど、退職金は一般的な支給額と比較すると少ない。その時に慌てても手遅れだから、自分で年金の積立をしておいて、足りない分を補った方が良いというものでした。

正直、年金や退職金のことは考えたこともなかったのですが、なぜかその時の上司の話しは説得力があり、将来のイメージを湧かせることができました。

あれから10年以上経過しました。毎月コツコツ積み立てている金額はそこそこまとまった額になりました。将来、退職金がどうなるかは分かりませんが、少なくとも何もしていない同僚よりは多く手にすることができるでしょう。ある意味貯蓄と同様ですが、年末の控除などもあるので、これまで考えたことがなかった人には是非一考されることをオススメします。

.

最終更新日:2016-06-19 23:34

コメント (0)