TOP
42.50score

smile

スポンサーKataribe

いつかはやりたい!マンションのリノベーション計画

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

住み始めて5年経過した3LDKのマンションですが、いつの日かリノベーションを行おうと思い、少しずつ計画を立てています。なぜリノベーションを?というと、今は特に不自由のない使い方ができていますが、将来、家族構成やライフスタイルが変化した際により快適に使うためが1つ。もう1つが、昔から定期的に部屋の模様替えをしないと気が済まないくらい飽きっぽい自分の生活を見通して、というものです。将来のリノベーション計画に際し、現時点での疑問点などをまとめておこうと思います。

・そもそもリフォームとリノベーションは違うのか
リフォームという言葉も良く見聞きしますが、リノベーションとの違いという観点で調べました。リフォームは古くなったものを新品(新築)同様に戻すこと、いわゆるマイナスからゼロの元に戻すことを指すようです。一方、リノベーションはマイナスもしくはゼロのものに手を加えてプラスαの要素を目的とするという違いが言葉の意味としてあるようです。

・リノベーションは一般の家庭でも行うのか?
昔はリフォーム、リノベーションというと不動産会社が販売、賃貸する際に1つのウリとするために行うのが多かったようです。しかし、最近ではリフォーム業者がそれこそ山のようにあるのと、DIYの充実によって一般家庭でも行われるようになりました。

・予算はいくらくらい必要なのか?
これはやろうとしていることで大きく変わってきますが、マンションの一室に手を加える程度であれば、100万円以下でできる場合もあるようです。もちろん予算が多ければできることの幅が増えてくるので、多めに確保しておくにこしたことはありませんね。

リノベーションは今、とても注目されている分野です。なぜなら、住宅が売れにくくなっている中、今あるものをより快適にする、自分に合っているものにするという需要は高く、そういったお金の使い方が好まれる傾向にあるからです。まだ身近でリノベーションを行っている人も少なかったり、分かりにくいところも多かったりするので、実施に踏み切るのも決断が必要です。少しづつ情報を集めて、機が熟したら動ける準備をしておくと良いかもしれませんね。

.

最終更新日:2016-07-03 17:59

コメント (0)