TOP
42.24score

smile

内側、外側から考えるカンタン熱中症対策!

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


夏になり気温が35度を超える日が出てくると熱中症になる人が続出します。楽しいイベントが多い夏だからこそ熱中症などで台無しにしないよう未全防止の策を考えておきましょう。今回は誰でもカンタンに実行できる対策と注意点をおさらいしておきましょう。

【服装を見直す】
まず、風通しの良い服装を心がけましょう。昨今はクールビズも浸透しておりますので、無理してネクタイやジャケットを着用せずに首元にも風を入れて体温の上昇を防ぎましょう。また、特に日差しの強い日には頭皮に直射日光を浴びないように帽子をかぶるなど工夫するとなお良いですね。

【特に気温が高い日に飲食すべきもの】
水分をしっかり補給するのは基本で、ある程度皆さんの意識にも浸透していると思います。それにプラスしてミネラルなどを含んだ飲み物にするとより効果的です。具体的にはお茶であればミネラルが豊富な麦茶がオススメです。その他、スポーツドリンクでカリウムやミネラル、ビタミンなどを補給しておきましょう。また、ちょっと気になるなという日には梅干しを口に入れてクエン酸やカリウムを摂取しておきましょう。

【番外編】
実は室内で熱中症になる人がここ数年増えています。直射日光を浴びていなくとも、室内の温度上昇は熱中症の原因となります。節電の最中ですが、適度にクーラーなどを利用して身体の負担を軽減しましょう。

いかがでしたでしょうか。これらは少しの心がけと、コンビニなどでカンタンに手に入るものばかりです。身体の内外それぞれから対策をしっかり考えることで熱中症になるリスクを抑えることが可能です。自分は大丈夫、と過信せずにいつ誰でも起きることなんだと危機意識を持って未然防止に努めましょう!

.

最終更新日:2016-07-11 01:07

コメント (0)